総合職の地方銀行求人

地方銀行転職TOP >> 条件別の地方銀行求人 >> 総合職の地方銀行求人

総合職の地方銀行求人

銀行員というと安定した仕事というイメージがあります。いつの時代も人気が高く、就職、転職希望をする人は多いですが、人気があるため競争率も高くなりがちです。中途採用での求人はとても少なく、難しいと言えます。特に地方銀行の求人は少なく、地方銀行に転職することは非常に難しいと言えるでしょう。銀行には一般職と総合職がありますが、総合職の求人は極めて少なく、総合職として転職することは大変難しいと考えておいた方が良さそうです。

銀行には様々な仕事がありますが、個人営業担当であれば前職が銀行関係でなくてもコミュニケーション能力が重視される傾向があるので転職できる可能性があります。法人営業もあるのですが、これは新規開拓や事業性の融資が中心になるので個人営業よりも少し難しくなります。融資担当、資産運用窓口担当となると経験者で知識がある人が優遇されるのでこの経験がないとかなり難しいです。地方銀行の場合は、総合職としての中途採用の求人よりも、この勤務地、この部署、この仕事を担当する人を求めるというものが多いです。

どうしても地方銀行の総合職にこだわるのであれば、まずは非正規社員として入社する方法があります。募集の時は一般職としてなのですが、銀行によっては派遣社員やパート社員、契約社員などに対して勤務態度や成績などから正社員に登用する制度を設けているところがあります。非正規で入行し、正社員になって総合職で働くという道もあります。しかし、どちらかというとこの制度を利用しているのは女性がほとんどで、男性はほとんど使っていません。使えないわけではないのですが、地方銀行の派遣社員やパート、契約社員は女性がほとんどであるのが現状です。銀行側も結婚や出産、子育てで一度退職した女性を想定しているためです。

男性が中途採用で地方銀行に総合職で入行したい場合は、常に求人情報が出ているかどうかを確認しておき、もしも求人が出れば即応募できるようにしておくことが大切です。各銀行のホームページに求人情報が掲載されていますので、希望する銀行のホームページを頻繁にチェックするなど、あちこちにアンテナを張り巡らしておくようにすると見つけやすいです。求人数が少ないと言われていますので、応募が殺到することが考えられるので、しっかり準備を行い、慌てることがないようにしましょう。人気のある地方銀行は、激戦になることが予想されますのでかなり厳しいと言えます。

地方銀行の求人に強い転職エージェント!

  サービス名 利用料金 対応地域 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

地方銀行転職の基礎

条件別の地方銀行求人

人気の地方銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2022 地方銀行転職エージェントランキング All Rights Reserved.