残業が少ない地方銀行求人

地方銀行転職TOP >> 条件別の地方銀行求人 >> 残業が少ない地方銀行求人

残業が少ない地方銀行求人

銀行の仕事は残業が多く、お金の出し入れが合わなければ合うまで帰れないと言われています。営業担当だと、夜でないとお客様が在宅していないので夜に訪問しなければならないと残業になってしまいます。残業が多い職場で体が辛いので、残業が少ない銀行に転職したいが求人はあるのだろうかという話はよく耳にします。地方銀行で残業が少ないのはここだというような話はあまりありません。

営業店によって残業の多い、少ないはあるようですが、銀行ではほとんどの店で残業は発生すると考えておきましょう。しかし、最近ではどの企業も残業を減らそうと努力していて、地方銀行もその中の一つです。特に支店の窓口担当だと営業時間は9時から15時までなので、定時に仕事を終えることは可能です。また、本店の事務方も決まった仕事の流れなので作業はしやすく、定時に終わりやすいです。本店の事務方は対支店なのでノルマなどもなく、働きやすい場所です。

残業が少ない地方銀行の求人というのは、このように事務方や窓口担当になるのでパートや契約社員といった非正規社員がほとんどになります。ただし、一部の支店で専門職(正社員)の求人が時々出るのでチェックしておきましょう。比較的残業が少ない部署の専門職が多いですからチャンスです。地方銀行も昔と違って残業を減らそうと努力していますので、少なくなってきていますが、融資関係の部署はどうしても残業が多いようです。こういった部署では、人員が不足しているところは補うようにしていく傾向があるので、求人が出やすいです。

地方銀行では、残業が少ない部署は働きやすいため辞める人も少ないので求人は少なく、忙しい部署で求人が出やすいため、残業がほとんどない部署に転職したいと思っていてもなかなか難しいかもしれません。パートや契約社員といった求人は多いので、女性には有利かもしれません。家庭と仕事を両立させたいと考えている女性からは残業の少ない地方銀行は人気です。いずれにしても地方銀行の中途採用の求人が出れば応募が多くなりますので狭き門だと考えておく方が良いでしょう。多くの応募者の中から採用されるよう、何かアピールできることを見つけておくようにしましょう。地方銀行で残業の少ない部署の求人が出るのは稀なので、こまめに求人情報はチェックしておくようにしましょう。求人が出ても中途採用では採用人数が1〜2名とかなり少ないので、早々に応募が締め切られる可能性があります。早めの行動が大切です。

地方銀行の求人に強い転職エージェント!

  サービス名 利用料金 対応地域 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

地方銀行転職の基礎

条件別の地方銀行求人

人気の地方銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2022 地方銀行転職エージェントランキング All Rights Reserved.