地方銀行の退職金

地方銀行転職TOP >> 地方銀行転職の基礎 >> 地方銀行の退職金

地方銀行の退職金

アベノミクスの経済効果で大きな恩恵を受けている業種に銀行業があります。政府の政策による日銀の量的規制緩和によって潤沢な資金が定期的に入ってくる事で、貸付規模が大幅にアップしました。日本の企業全体が底上げをしている現状では、各銀行の活動も活発化していると言えます。そのために大手銀行ではボーナスアップを始めとした福利厚生の充実化が顕著にみられています。同時に地方銀行の経営状態も好転していると言われています。給料アップはもちろんですし、昇給率も高まっています。もともと地方銀行では大手銀行と比べると給料ベースが低めに設定されているケースが多かったために、この傾向は地方銀行社員にとっては歓迎すべき事でしょう。

一般的に地方銀行は不景気時にあっても比較的に安定職であるというメリットはありましたが、決して高給取りではありませんでした。ただしボーナス支給率が高い事で平均年収がアップされる業種であります。それが近年の景気回復を受けて年収ベースがアップしていますので、他の業種と比べても働くモチベーションは向上しています。また、退職金制度も比較的安定しています。支給額に関してはまちまちですが、正社員率の高い銀行業では退職金を基本的に維持しています。最近の傾向としては若干給料を高くして、退職金総額を少なくする例もあります。ですが一般的には企業年金という形で支給する方法が多く、退職一時金は低く支給するケースが高いと言えるでしょう。つまり、退職金が退職時に一時金として支払われる部分と年金として分納的に支給される部分に分かれているのです。

退職金運用の受け皿には退職金優遇定期預金という金融商品が設定されています。その利息は一般的な預金金利と比べるとはるかに高くなっています。特に使い勝手が良いのが3カ月定期預金で、当初期間は高金利ですが、満期後は一般金利に自動更新されるものです。この様に地方銀行では退職金制度によって、比較的に老後の安定を得る事のできる業種と言えます。職場によっては退職金率を高める事で、長期就職を促している地方銀行もあり、単に現行の給料の良し悪しばかりが就職の判断材料になるわけではありません。地方銀行にてご就職をとお考えの方は、退職金の条件を事前に確認して就職先選びの基準にする事はメリットのある事だと言えるでしょう。給料と賞与、そして退職金を総合してトータル支給額のシミュレーションを行ってみるのは良い判断材料になるでしょう。

地方銀行の求人に強い転職エージェント!

  サービス名 利用料金 対応地域 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

地方銀行転職の基礎

条件別の地方銀行求人

人気の地方銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2022 地方銀行転職エージェントランキング All Rights Reserved.