地方銀行の自己PR・履歴書

地方銀行転職TOP >> 地方銀行転職の基礎 >> 地方銀行の自己PR・履歴書

地方銀行の自己PR・履歴書

地方銀行の自己PR・履歴書の作成方法は、いかに自分が金融機関に対して向いている性格、人材、人物であるかを表現することです。資格や経験はもちろんのこと、銀行という性質上「人物を重視する」傾向にあるので、今までにどのような経験やキャリアを積んできたのか、明確に示す必要があります。金融機関や投資関連に対して経験がある人は具体的な情報をアピールするのが良いでしょう。

自己PRの方法としては、自分がなぜ、地方銀行への転職を希望しているのか、という明確な動機や、今後の展望、自分の銀行での働きたいビジョンなどを示せるかがポイントとなってきます。あいまいな志望動機では採用担当者の目を引きませんし、金融機関で長く働くのは難しいのではないか、と思われてしまいます。逆に明確な方針や方向性があれば、金融機関で働くための方針を明確に見出すこともできるといえます。

履歴書に関しては、学歴はもちろんのこと、職場での担当した業務も明確にしておくことです。学歴であれば、経済、数学、金融関連にかかわることは評価ポイントとなります。一般的に銀行での応募は「大学卒業以上」と明記されているので、文系での応募を検討している人は、金融機関に就職・転職するときに有利と考えられる資格を明記することが望ましいといえます。経済学部や商学部の人は、実際に金融関係で学んできた専門を記載するのも良いでしょう。

これらの自己PRや履歴書の書き方は地方銀行や金融機関を応募することが初めての人は、転職支援サイトのキャリアコンサルタントに相談してみることがお勧めです。各地方銀行によって、求めている人材が若干異なるほか、自分がどのような方向性に進みたいのか、明確になっていない人も、応募の合った求人に「合致する志望動機や履歴」をアドバイスしてくれるので、当然面接へのステップにたどり着く可能性も高まります。

一度作った、履歴書や自己PRはその後の面接、最終面接まで担当官の手元でチェックされるものなので、出来る限り丁寧に分かりやすく作成することが肝心です。近年では欠員が発生したとき、地方銀行でも「人物重視」で募集されることがあるので、そのようなときは履歴書や自己PRが大きな採用のカギになると考えられます。また、地方銀行を希望するのであれば、大手銀行と違い比較的不定期かつ、幅広い求人があるので、応募するチャンスが多いので、転職支援サイトを通じてチャレンジするのが効率的です。

地方銀行の求人に強い転職エージェント!

  サービス名 利用料金 対応地域 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

地方銀行転職の基礎

条件別の地方銀行求人

人気の地方銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2022 地方銀行転職エージェントランキング All Rights Reserved.