地方銀行のメリット・デメリット

地方銀行転職TOP >> 地方銀行転職の基礎 >> 地方銀行のメリット・デメリット

地方銀行のメリット・デメリット

地方銀行勤務のメリット・デメリットを考える事で、就職したい職場の良し悪しを判断する事ができます。漠然と総評を見て職場選びをするだけでは、就職後に挫折してしまいかねません。ここでは地方銀行に関するメリット・デメリットを取り上げてみます。まず、顕著なメリットとして、地方銀行ではボーナス支給がしっかりとしていて、ボーナス支給額も他の業種に比べると高めに設定されている職場が多いです。昇給も大手銀行には及びませんがしっかりしていますし、退職金に関しても十分期待が持てます。

休暇の条件についても良いところが多くなっています。大手銀行では激務が問題視されていますが、地方銀行ではサービス残業や休日出勤のデメリットは低めです。アベノミクスが推奨する育休3年に踏み切っている地方銀行も多く、産休・育休取得率はかなり高い数値となっています。そして大手銀行のデメリットには引っ越しを伴う移動の可能性が非常に高い事があります。ですが、地方銀行では支店の場所がある程度限定されている関係上、引っ越しを伴う転勤の可能性が低いでしょう。また募集資格に関しても地方銀行は窓口が広いと言えます。学歴不問を条件にしている求人も多く見られ、面接では知識や経験が重要視されます。地域の人脈なども選考基準になりますし、営業職ではコミュニケーション能力を重視されますので学力だけでなく実力で出世する道があります。その点では能力主義で給料の査定も行われ易いのが地方銀行の利点でしょう。

また、デメリットを知っておくことでバランスが取れます。営業職では職場人数が少ない場合にノルマがきついケースがあります。大口の契約が少ない環境もあって、例えば公共料金の口座から引き落とし件数を増やせとか、定期をもっと組んでもらえといった小口契約の件数をアップする地道な営業ノルマが課せられますので、それをキツイと感じる社員も多いかもしれません。そして給料ベースがやや低めである事も理解が必要です。ですがボーナスを含めた平均年収では決して悪くはないので、成果を上げる努力をする事でカバーが可能となります。また、季節によって勤務時間が長いとか、金銭感覚が違ってくるなどの点も挙げる事ができます。地方銀行へ就職・転職を考えている方々は是非、これらのメリット・デメリットを具体的に比較検検討してみると良いでしょう。雇用条件や職場環境は銀行事態でかなり差がありますので、トータルな評価ができる様に十分に情報収集をしておくのは有効です。

地方銀行の求人に強い転職エージェント!

  サービス名 利用料金 対応地域 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

地方銀行転職の基礎

条件別の地方銀行求人

人気の地方銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2022 地方銀行転職エージェントランキング All Rights Reserved.