地方銀行転職エージェントランキング

地方銀行の転職を成功させるには

安定した職として銀行員はいつの時代も人気が高いですよね。競争率も高くなるため転職にはしっかりとした準備が欠かせません。まずはリクルートエージェントのような転職エージェントに登録してみましょう。

専任のキャリアコンサルタントがキャリアプランや必要な資格などをアドバイスしてくれるので、転職活動を更に充実したものにする事が出来ます。非公開求人が豊富なのも大きな魅力ですね!

地方銀行の求人に強い転職エージェント!

  サービス名 利用料金 対応地域 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■全国の各方面の地方銀行の情報が網羅されているのでサイト内での確認、応募が便利になっている
■キャリアコンサルタントが、自分のキャリアで応募可能な地方銀行への支援を積極的にしてくれる
地方銀行に必要なスキルや自分に向いている地方銀行のポジションをしっかりと説明を受けられる
■金融関係経験者や一定のキャリアがあれば、優先的に地方銀行の非公開求人の紹介を受けられる



マイナビエージェント 無料 全国対応 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
地方銀行の非公開求人も多く、キャリアを積んでいる人であれば優先して紹介を受けられる
転職情報が多く掲載されているので、その中から必要な情報を厳選して選ぶことができる
実績がある転職支援サイトなので、地方銀行へのパイプや採用までの調整も円滑にしてもらえる
全国の地方銀行の情報をリアルタイムで知ることが出来るので、情報に間違いがない



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■未経験の人でも地方銀行の就職に必要なキャリアや、仕事の準備などの説明を丁寧に受けられる
■地方銀行の転職のためのキャリアシートや職経歴書、履歴書のアドバイスを受けることができる
■全国の各地域の地方銀行の案件がリアルタイムで更新されているので最新の情報を収集しやすい
非公開求人の情報も充実しているので、他では見つけられない地方銀行の案件に応募できる




DODAエージェントサービス 無料 全国対応 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
地方銀行の求人情報の詳細が掲載されているので、自分のキャリアに合わせてスムーズに応募出来る
■地方銀行への転職に必要な資格やキャリアプランをコンサルタントが丁寧に相談対応してくれる
■欠員や急募となっている地方銀行の求人が寄せられるので、未経験の人にもチャンスがある
■金融関係や大手銀行から地方銀行を目指す人は、登録をしておくと自動的にスカウトを受けられる



キャリコネ 無料 全国対応 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■比較的条件の良い地方銀行の求人の案件も多く掲載されているので、納得して応募することが出来る
■全国の各地方銀行から自分が応募したいと該当する求人に速やかに応募することが可能になっている
■地方銀行の転職のために必要なスキルなど、キャリアコンサルタントが丁寧な相談対応してくれる
地方銀行の転職に関する情報が詳しく掲載されているので希望する人は、応募先を絞り込みやすい



地方銀行の求人探しの方法は?

地方銀行の求人探しは、一般の金融機関よりも敷居が高く、キャリアや資格を重視する傾向にあります。新卒や第二新卒であればこれらの条件に合致せず、比較的幅広い条件の中から応募することが出来ますが、転職を考えている人はタイミングが合わなければ採用が難しいのが実情です。近年は中途採用に関しては、転職支援サイトを通じて募集される傾向が強まっています。

地方銀行では、40代、50代の年齢になれば管理職や専門職で応募される傾向が強くありますが、30代、20代であれば若年者であっても十分に未経験、金融の知識や営業、ITなど一定のスキルがある人であれば転職を成功させる可能性があります。地方銀行でも「人物重視」の採用が強くなっているので、安定してキャリアアップが大幅に望める銀行も転職の一つとして検討してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

地方銀行を希望する人の多くの理由は「仕事が安定している」「給与が高く設定されている」「社会的なステータスが高い」という理由があがってきます。ですが、逆に仕事がきつい、休日が少ない、高い能力を求められる、という一面もあるだけに、応募先と自分の条件がマッチしているかということは、よく確認しておくことが大切になります。地方銀行のお仕事は、大まかな職種と待遇が記載されているだけで、各銀行でどのような待遇が一般的か、という記載がないままになってしまっていることがあります。

転職のための準備には志望動機、履歴書、職務経歴書の作成なども成否を分けるポイントです。これらの書類は最終選考の面接まで持ち越されるので、目を引き、自分の人物像の強みをアピールすることが求められます。また、面接では自分によい印象を持ってもらえるように、事前にリハーサルをする、金融機関で働く心構えや自分の興味や関心のある部門を明確に示せるようになることが求められます。

地方銀行への転職は大手銀行よりも中途や欠員の求人も多く発生することもあり、タイミングさえあれば、十分に採用されるチャンスがあります。マイナビエージェントのような転職支援サイトを活用することでタイミングさえあえば、十分に採用されるチャンスがあります。転職支援サイトであれば、リアルタイムで非公開求人やスキルを持っている人へのスカウトメールなどの配信を受けることができるほか、全国の求人情報を簡単に検索できる、という利点があります。本格的に地方銀行を志望する人は転職支援サイトを活用されるのがお勧めです。

地方銀行の求人倍率は?

地方銀行に新卒で応募する際や転職で応募する際は求人倍率が高い銀行と低い銀行が存在します。倍率が高い銀行の場合は経営が安定し、誰もが知っている銀行の場合が多く、ン年収や働きやすい環境が整っており、応募数は非常に多くなっていきます。倍率が低い銀行は激務であり、年収も他の地方銀行より劣っているケースが多く、能力が年収に結びつかないケースも少なくないので、地方銀行で働きたいと考えるかたは倍率が高くても働く環境が充実している地方銀行に応募するのが良いと言えます。

パートや契約社員から経験を積み、長期間勤務することで正社員になったかたも多いのが地方銀行の特徴であり、比較的倍率が低く、入りやすい地方銀行で働くのも一つの手です。転職者の場合は経験や実績を重視する地方銀行が多く、能力次第で高待遇の迎えられるケースも多く、転職を考えているかたはご自身の能力があると自覚しているかたは倍率が高い地方銀行でも採用されるケースが多く、実際に転職をして今までの待遇よりも良い待遇で働くことができているかたが多数存在します。

地方銀行の場合は資格が特に必要ではなく、経験が主に選考基準となるので、以前に金融機関での勤務経験があるかたは地方銀行が求めている人材であり、倍率が高い、低いは関係なく、採用される可能性が高いです。また、専門的な知識、経験があるかたは専門分野の募集があった時に面接官の目を引くことができるので、大きなアピールポイントとなります。

2013年の新卒での地方銀行の倍率が約0.2倍という記事も存在し、大手銀行はもちろん、地方銀行の倍率は上がっている銀行は年々上がり続けています。また、他の地方銀行の倍率も本命の銀行に採用に至らなかったかたの応募もあるので、倍率は上がっていくと予想され、他の応募者より優れたものがないと採用に至らないとなっています。

転職を考えているかたは世の中で非常に多く、転職することは新しい分野のことを学ぶことができ、年収アップにも繋がっていくので、今までのようにマイナスイメージとして捉えるかたが少なくなってきました。転職者がよく活用しているサイトは転職支援サイトであり、ご自身が希望する条件の求人をすぐに見ることができるので、効率的に転職先を探すことができます。転職際に気になることがあるかたはキャリコンサルタントのかたに相談することができるので、よりよい転職先を探すことができ、転職先探しで失敗することは少ないです。

TOP

地方銀行転職の基礎

条件別の地方銀行求人

人気の地方銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2018 地方銀行転職エージェントランキング All Rights Reserved.